私らしく働ける場所

鈴木 英里 Suzuki Eri
名宝岡崎店 班長

入社のきっかけ

合同説明会が「めいほうぐるーぷ」との初めての出会いでした。 元々、接客業に興味があり、将来は接客業に就きたいと考えていました。その中でも、めいほうぐるーぷは説明会のみでなく、女性限定の座談会、パチンコ体験ツアーや店舗見学、実際に先輩社員と話をしたり、働く姿も拝見でき、このように様々な機会が多くあったことでとても魅力を感じました。 また、内定をいただいてから実際に働かせていただきたいと伝えたら、入社前にアルバイトとして働かせてもらえました。そのため、入社前に実際に働くイメージを持つことができたので、働いてからのギャップも少なかったように感じました。

今、取り組んでいる仕事は?

2012年より岡崎店に勤務しております。 入社後、ひと通りホール・カウンター業務を携わってから、一年程、岡崎店独自の係である「MEIHOおもてなし隊」として接客専属で仕事をしていました。 現在は班長として、ホール業務や教育指導はもちろんですが、会員カードのポイントを利用しての交換会や、最近ではチャリティー企画として野菜・果物市も担当させていただけるようになりました。直接、お客様からのお声をいただいたり、反応を感じられることが多いので責任も感じていますが、喜びを感じることも多いです。 今後は、ご遊技以外の来店目的でも更にお楽しみいただけるよう新しい提案等も考えていきたいと思っています。

なぜ、めいほうぐるーぷで働くのか?

「やりたい!」と声を上げたことや気持ちを大切にしていただける会社だからです。これは入社当時から変わらず感じている魅力の一つです。 また、個々の長所を活かせるような仕事を任せていただけるので自分の自信にも繋がっているのも大きいです。一人一人を尊重して考えて下さる上司が多いので、相談しやすい環境だと思います。私もいつかそのような上司になることも目標の一つになっています。 また、女性活躍推進チームもでき、そちらに参加するようになってから、他店舗の状況や女性ならではの考え等を話し合う機会が増え、私自身のモチベーションにも繋がっています。配属店舗やその他の店舗に関わらず色んな考えを聞くことができ、お客様のみでなく様々なところから刺激をもらっています。 これからも色々なことを吸収していきながら、めいほうぐるーぷに貢献していきたいです。