女性活躍推進チーム レポート一覧

2018.04.27P-WOMEN’S FORUM参加

4月19日(木) SPARKS NETWORK株式会社様主催『P-WOMEN’S FORUM』が六本木ヒルズクラブにて行われ、弊社の女性社員11名と男性社員3名が参加致しました。

「パチンコホールで働く女性が活躍するための女性活躍会議」がコンセプトのフォーラムは、昨年に引き続き二度目の開催、弊社としても二度目の参加となりました。

 

フォーラム最後のプログラムには弊社の教育指導課:係長 山田も登壇し、各自・各社の女性活躍推進の取り組みについて、パネルディスカッション形式で事例共有が行われました。

 

全国から38社・141名が集まり、交流を深めることにより、業界のさらなる発展と成長を感じるフォーラムとなりました。

2017.09.18月1定期ミーティング

当チームでは、月に一回チームメンバーが集まり、ダイバーシティ推進に必要な知識や、チームマネジメント、部下育成、接客スキルなどの知識共有、プロジェクト会議、その他、意見交換を実施しています。 少子化や、超高齢化など目まぐるしい社会変化の中で、女性の活躍が、世の中に与えるポジティブな影響は大きいことが言われています。私たちも日本のこれからを担う当事者として、ひとりひとりがいきいきと輝く企業としてどうしたら業績を伸ばしていけるか、本気の議論を交わしています。 また、このミーティングでは、キャリアを築いていく上で、結婚や育児、介護などライフイベントとの両立など、無視できない課題を目の前に、女性にしか話せない、そういったことも相談し合える機会にもなっています。

2017.09.06ピンクリボン活動

お客様と手作りピンバッチを作成

めいほうぐるーぷでは、女性活躍推進チームの提案により、地域社会貢献の一環としてピンクリボンの啓発活動をしています。全世界でピンクリボン月間とされる10月までの3ヶ月に渡り、お客様と共に手作りピンバッチを作成し、身につけるなどの啓発活動を行いました。10月には活動の締めくくりとして、店舗のピンクライトアップを実施致しました。 ▽名宝飯村店にて。

ピンクリボンってなに?

乳がんの早期発見、早期診断、早期治療の大切さを伝える世界規模の運動です。日本でも20人に1人の割合で発病し、年間1万人以上の方が亡くなっていますが、乳がんは早期発見すれば95%の確率で治癒する病気です。しかし、その受診率は未だ30%以下、欧米諸国の70~80%と比較して関心度がまだまだ低いのが現状です。 そこで、乳がんに無関心な方々に乳がんの早期発見の大切さを広く伝えるため、ピンクリボンのバッジを付けることで自分が乳がんに気を配り、それを見た周囲の人にも乳がんに気づくきっかけを提供することができるのです。 △名宝曙店にて。アルバイトスタッフも一緒に、ディスプレイを考えます。